10代からニキビに悩まされます

若い人の中で、お肌の悩みとして挙げられるのが、ニキビです。思春期の10代に出始め、洗顔したり化粧水を塗ってみたりといろいろと試行錯誤して戦います。ニキビの悩みは20代、30代になっても続きます。10代の頃の皮脂が原因なのとは異なり、ファンデーションや基礎化粧品が肌に合わなくて出てきてしまうこともあり、新しい製品を試す時にはパッチテストをして、首元から徐々に使うエリアを増やしていく、という対応策を取っている人もいます。

洗顔と保湿はしっかり守りましょう

ニキビの原因となるもので、大きな理由の一つが皮脂や汚れが毛穴に詰まっているということです。皮脂が過剰に出るタイプの肌質の人や、メイクをしたまま寝てしまって毛穴づまりを起こしてしまい、ニキビができてしまうことがあります。こういったタイプは、洗顔で汚れを落とし、きちんと保湿をすることでニキビを抑えることが可能です。化粧水を付けた後、手で触ってみて乾燥していたらさらにつける量を増やして、ひんやりと冷たく、もっちりとするまで保湿を繰り返します。

ホルモンバランスが原因のことも

女性は一ヶ月の間で体の中のホルモンバランスが変わります。ストレスや睡眠不足、喫煙、偏った食生活によって、ホルモンバランスは乱れてしまいます。元から持っている体質で、ホルモンバランスが乱れやすいという人もいます。もし、ニキビの原因がホルモンバランスの乱れによるものであれば、低容量ピルの服用が解決策になることがあります。これは、体のホルモンバランスを整える薬で、避妊効果や生理痛を改善する効果を持っていて、婦人科で処方してもらえます。

ニキビやシミなどの疾患が生じた場合、発生原因である毛穴の治療を行う必要があります。治療を受ける際は皮膚疾患に詳しい医師が常駐している医療機関を選ぶように心がけます。