種類を把握して適切に使おう

使い捨てレンズが普及し、コンタクトレンズがより身近になりました。以前は必ず医師の処方が必要でしたが、ディスカウントショップなどでも安くカラー付きレンズが買えるようになったことからも、若い人を中心に多くの人がコンタクトレンズを利用しています。様々な種類のコンタクトレンズがありますが、決められた使い方をきちんと守らなくては、眼病を招く恐れがあります。気軽に使えるコンタクトレンズだからこそ、安全に楽しく使いたいものですね。

決められた使用期限を守ろう

使い捨てレンズが普及していますが、中にはワンデーコンタクトレンズを連日つけ続けているといった話も耳にします。こういった間違った使い方をすると危険だということをご存知でしょうか?コンタクトレンズは直接目に触れるレンズなので、つけっぱなしで寝る、洗わずにいるなど自己流で使うと危険です。また、ワンデーコンタクトレンズなのに洗って何日も使い続けるのも好ましくありません。不潔なコンタクトレンズの表面はべったりと汚れています。眼病を防ぐためにも使用期限を守りましょう。

2ウィークコンタクトも洗浄が必要

寝る前にただ外して洗浄液につけているだけで汚れが落ちると思っている方はいませんか?洗浄液につけるだけではコンタクトレンズの汚れは落ちていません。ハード、ソフト、レンズの種類を問わず、外して保存する際には洗浄液でのこすり洗いとすすぎが必要です。一日使用したコンタクトレンズの汚れはキチンと洗うことで洗浄され、使用期限内は清潔に使えます。逆に言うと、洗浄を怠ったレンズは、使用期限内であっても目の痛みや何らかのトラブルを招いて使えないということもあるのです。

コンタクトが痛い時には一旦装用をやめてみて症状が治まるかどうか確認してみましょう。痛みがひどい場合には眼科に行くのが一番です。