インプラントってどのようなもの?

大きなむし歯・歯を抜かなくてはいけない歯周病に感染してしまい、歯を残せなくなってしまい、抜歯が必要となります。抜歯により歯があったスペースには穴があいてしまいます。穴があいた部分を放置してしまうと後ろに生えている歯が前に傾き倒れてきてしまうのです。そこで穴があいてしまった場所に入れることができるのがインプラントになります。インプラントは歯の骨を土台としネジをうめこみ、そのうえから歯をかぶせていくものであり、自然に生えている歯とわからないくらいナチュラルに仕上げることができるのです。

インプラントは日常生活に支障はない?

取り外しのできる入れ歯はなれるまでに時間がかかったり、合わないなど不適合なことがよくあるほか、固いものが食べられないなどといった影響があるのですが、インプラントは健全歯と同じように食事ができるほか、セットしてしまうと違和感なくすごせると言われているんですよ。見た目にも違和感がなく自然であり、取り外す必要もありません。日常生活で気を付けなければならないことは歯のブラッシングです。健全歯と同じようしっかりと磨く必要があります。

インプラントで注意すること

インプラントはセットして終わりではありません。歯ブラシを怠けてしまうと、歯ぐきに炎症がおきてしまい、歯ぐきの状態を悪化させてしまうとまたむし歯や歯周病の原因となるので、しっかりとした歯磨きが大切となりますね。インプラントをセットしている部位も炎症がおきないようにブラッシングをすることと、定期的な歯科医院での検診を受けることが大切です。歯科医院の検診では自分では取りきることができない汚れを除去してくれる他、メインテナンスも行ってくれるため、必ず受診はすることが大切ですね。

杉並区で行うインプラントといえば、万が一施術がうまくいかなかったとしても、保証期間がかなり長いので、はじめてインプラントを自分の口の中に導入した人に対して、安心感を提供しています。技術のしっかりした歯科医師が杉並には多いです。