豊胸術のバック挿入法

バック挿入法は、自分の思った通りの大きさにしたり、バストの形など希望通りにすることが可能で、触った感じも自然なバストに近く、耐久性や安全性も高い方法になります。バック挿入法は乳腺下法や大胸筋下法、大胸筋膜下法の3つがあり、年齢や体型、バスト部分の皮膚や脂肪の厚さ、乳腺の量など様々な状態で、挿入方法を選択します。その手術法は、わきの下や乳房下、乳輪周辺から選びそこを数センチ切開し、人工乳腺を挿入する方法になります。

一石二鳥!豊胸術の脂肪注入法

脂肪注入法は、下半身が太かったり、人工のものを使用するのは抵抗がある方など、太ももやお腹などサイズダウンさせたい部分の脂肪を吸引し、自分の脂肪をバストに注入する方法になります。痩せたい部分の脂肪吸引と同時に行うので、理想のプロポーションを叶える一石二鳥の手術法と言えます。自分の脂肪を使うことで、本物のバストに近い自然な感触に仕上がるので人気の方法で、異物を使わないためアレルギーの心配もない安心な方法になります。

手術を避けたい人には?

バストの悩みがあり豊胸したいけど、どうしても手術するのは抵抗がある人には、豊胸効果が実感出来る色々なサプリメントも発売しています。サプリメントを飲み続けると、バストのサイズアップやハリ感を実感するだけでなく、肌のコンディションが良くなりきれいになる効果もあります。サプリメントの成分によって、女性の周期に合わせて飲む時期を変えたり、タイミングとして血の巡りの良い日中に飲むと、より効果を実感することが出来ます。

クリニックなどで受けることが可能な豊胸の手術はサイズを大きくするだけでなく、自然で美しい仕上がりが実現します。